SSブログ

沢尻エリカ、岡崎京子原作の映画「ヘルタースケルター」の影響で休業か? [映画]

日刊スポーツ

女優沢尻エリカ(26)が、再び活動を休止していることが14日、分かった。7月14日公開の主演映画「ヘルタースケルター」(蜷川実花監督)でオールヌードや激しいセックスシーンに初挑戦。エキセントリックな役柄にのめり込んだことも影響し、撮影を終えた今月に入り、心身のバランスを崩してダウンしたという。PR取材などもドタキャン。4年半ぶりの女優再開から、わずか半年で再度の活動休止状態になった。今後の仕事もすべて白紙という。


ヘルタースケルター.jpg


同映画は、漫画家岡崎京子氏の90年代の漫画が原作で、当時から、現代社会の闇をエキセントリックに描いた問題作と呼ばれていた。沢尻演じるヒロインは、全身整形で超トップスターになるも、手術の後遺症や業界のストレスにむしばまれて、ボロボロに破壊していく。原作では、ほぼ全編で全裸のままで、同性愛や複数人でのセックスシーンなど、何でもアリだったために「沢尻がどこまで演じられるか?」と注目されていた。


体当たりで演じた作品については、評価が高まっている。ある映画関係者は「間違いなく話題となる作品。沢尻の演技も鬼気迫っていた。年度末の映画賞レースに絡んでくる可能性も高い」と話す。しかし、沢尻が活動休止に入ったことで、今後のPR戦略にも大きな狂いが出てきた。7月5日の完成披露試写会の舞台あいさつに沢尻が出席できるかも、まったくの白紙という。




どうやら相当過激な作品である様子。
沢尻さんもう4年半も女優をしてなかったんですね・・・大事にならなければいいのですが。

ところでこの映画の主題歌は浜崎あゆみさんの「evolution」。
この曲はもう10年以上の前の曲なんですからビックリですね。
でも誰もが知っている名曲だと思います。

しかしながら沢尻さんの休業で今後のPRが全て白紙になってしまったとのこと。
これからいったいどうなるのやら・・・うーむ。





映画「プリンセストヨトミ」が土曜ロードショーで [映画]

2012年5月12日(土) 21時00分~23時30分
万城目学のベストセラー小説を映画化した大ヒット作が、早くも地上波初放送!大阪全停止ー!その鍵を握るのは一人の少女だった…歴史を覆す大事件の結末は!?

7月8日金曜日、午後4時 ー 大阪が全停止した。  さかのぼること4日前の月曜日。東京から大阪に3人の男女がやって来た。彼らは会計検査院の調査官。その仕事は国家予算が正しく使われているのかを調べること。調査対象は各省庁から国が出資している団体、助成金を受けている地方自治体にまで多岐にわたる。この度、大阪府庁をはじめとする各団体の実地調査のため、大阪の地を訪れたのだ。  松平元(堤真一)は国家I種試験を全国トップでパスした超エリート。税金の無駄遣いを許さず、“鬼の松平"として怖れられている。その部下で女性調査官の鳥居忠子(綾瀬はるか)は少々頼りないが、“ミラクル鳥居"と呼ばれている。そしてもう1人の部下、日仏のハーフでクールなイケメン・旭ゲーンズブール(岡田将生)は本省から出向してきた若きエリートである。  そんな3人は順調に大阪での実地調査を進め、次の調査団体のある空堀商店街を訪れる。 その商店街には、ちょっと変わった少年少女がいた。お好み焼き屋「太閤」を営む真田幸一(中井貴一)と竹子(和久井映見)夫婦の1人息子・真田大輔(森永悠希)は、女の子になりたいという悩みを抱えていた。その幼馴染・橋場茶子(沢木ルカ)は、大輔とは対照的に男勝りでいつも大輔を守っていた。  そんな商店街を訪れた調査員一行は、財団法人「OJO(大阪城跡整備機構)」に不信な点を感じ、本格的な調査を開始するが…

出演者堤真一  綾瀬はるか  岡田将生  ・  中井貴一
原作 万城目学  脚本 相沢友子  監督鈴木雅之

トヨトミ.jpg





とのことで見たはいいものの、なんとも微妙というのが正直なところ。
説明不足なところや意味不明な点が多々あり、尺に収まらなかったのかな~という印象が。。。
キャストは豪華なはずなんですけどね・・・
聞いたところによると、原作とはキャラの性別が異なったりと違うようなところも多々あるらしい。
原作を知らない人は素直に小説だけを読むほうが吉か?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます